Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.





馬雲氏率いる阿里巴巴(アリババ)集団はこのほど不動産賃貸事業に参入し、ついに不動産業界に「殴り込み」をかけた。今月9日、浙江省の杭州市住宅保障?不動産管理局と同集団傘下の革新業務事業部、アント?フィナンシャル傘下の芝麻信用が戦略的協力関係を結び、杭州市はこれからアリババの技術力とビジネス資源を利用して、全国初の「スマート不動産賃貸プラットフォーム」を構築することになった。「羊城晩報」が伝えた。

不動産仲介業者はアリババの不動産業界進出をどうみるか。広州鏈家研究院の周峰院長は、「不動産賃貸市場における最大の問題は情報のミスマッチにあり、アリババのEC事業の長所を不動産賃貸市場で生かせば、売買双方の情報のよりよいマッチングが実現することになる」と指摘する。広東省不動産業協会の竜斌氏は、「賃貸情報を同一のプラットフォームに統合し、情報の透明度を高めることは、不動産賃貸市場のモデル革新になる。このプラットフォームが発展すれば、未来の賃貸事業はより効率的になり、淘宝(タオバオ)でネットショッピングを楽しむように不動産を貸し借りするようになる」と予測する。

アリババが今回、杭州の不動産賃貸市場に参入し、成熟したインターネット商品を政府のスマート不動産賃貸プラットフォーム構築に組むことの影響は、杭州にとどまらないとみられる。住宅?都市農村建設部(省)など関係当局は、このプラットフォームを実用化させ、全国への普及をはかりたいとしている。

竜氏は、「不動産賃貸プラットフォームは全国で普及する土台が備わっている。市場があり、ニーズもあるからだ。だが現在の状況から考えると、このプラットフォームは借り手とオーナーにより多くの選択肢を提供するにとどまり、従来の不動産賃貸市場をひっくり返すほどのものではない」との見方を示す。

賃貸物件の仲介業者にとって、最も重要なのはやはり物件という資源だ。竜氏は、「仲介業者はプラットフォームの役割を演じるだけでなく、『経営』と『サービス』も担い、大量の資源を投入して物件資源を開拓し、賃貸契約成立後のアフターサービスをしっかりと提供しなければならない。そこでアリババのスマート不動産賃貸プラットフォームが業界にひっくり返るほどの影響を与えたいなら、この面への投資を拡大することが必要だ」と指摘する。

また竜氏は、「現在の状況から考えて、プラットフォームは既存資源を統合するものが多く、借り手をより多く引き寄せる力は強いが、貸し手や物件資源をより多く導入するにはどうしたらよいかは、これからの検討課題だ」と指摘する。



2017/08/16(水) 03:53 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)

 当然、我々、「無調性コレクティブインプロビゼーション」をやった。ピアノを弾きながら聴衆の反応を見ていた。「わっ、喧しいぃ!」という組と、なんか熱くなっている組に明らかに分かれている。どうして、こういう真逆反応になるのか私にはよく分からない。
 えっ、やっている方? 超楽しかった!

 今、ビデオの編集中なのだけれど、実に楽しそうに指揮をする沖師匠と真師匠。

 ここまで、午前中に書いた。つまり、素面だ。ここからは「酔った勢い」になる。
わっ、明日からドライバーのゴトシ(仕事)がびっしり。ブログ更新はちとすんどいかん
ずぃー。でね、もちろん、音楽の好みはそれぞれ。じぇんじぇん問題ない。なんか、ケイさんと話してて、確かにドイツ人は、たとえば無調性無機的ないしはノイズミュージックで熱くなる傾向がある。当然にして、我々、フリージャズ屋には非常にいい感じぃーの聴衆が多いのだ。分からない、どうしてそうなのか? で、いつもじゃないけれど、私もしばしば「それ」をやる。うん、なんなんだろう、ミュージッシャンの個性みたいのが騒音の中にかき消された方が、聴衆個々人の感情移入がし易いのかも知れない。極論だけれど、ラテン諸国はメロディーに個々人の感情移入をする傾向がある。おっ、やっぱ、ベルリンに転居すべかな? でね、これも極論だけれど、日本人はリズムとエモーションに震える傾向がある。私もそうだ。なんか民俗学的な理由はあるんだろうね。

 あっ、そうそう、午前中の続きだった。そのビデオ。私のバックにいるホーンセクションは画面から外れてしまった。ごめんなさい。沖師匠と真師匠の実に楽しそうな指揮者。近日中にユーチューブにアップするつもりではあるけれど、初対面のミュージッシャンばかりで、名前が分からないのだ。そのままアップはでけん。なんかねぇー、ワールドオーダーのビデオのフリージャズ版ちゅう感じなわけ。パリの雰囲気も良くでちょるよ。

 と、更新、ちと途切れるけれど、赤ワインでアルコール消毒でもしててね。私の両師匠。見た感じも性格も真逆。このお二人の実に楽しそうな指揮振りっ! おっ、沖師匠。ダンディー、下ネタを一切しない、人の悪口を一切しない。おっ、今ね、真師匠は、真
逆って書いちゃったけど。やっ、やばぐね。真剣に読まれると。おっ、俺は、正直、下ネタと悪口、大好きだぁーっ! はははぁ、真師匠も俺も一目置いている好きな人の悪口しか言わないところが、本物のインテリちゅうことにしとく。下ネタはさまぁーず芸的という下ネタ。品のあるそれだっ! 嘘つきっ!
なんとなく半分寝ながらプールで泳いでいるような感じがした。右側の妻が突然しくゃみをした。四分の三、目が覚めた。私と妻はベッドから1mぐらいのところに浮かんでいた。
2016/06/29(水) 04:23 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
大約是一天的黃昏,我照舊望著小徑。只見遠處有一位小女孩非常輕盈地走來,手中拿著裝麥秸的袋子。當近了些,我再也按捺不住心中的驚歎:這不就是我的梅花嗎?她如何變成人了? -

以後的日子,每到黃昏她總是出現在路上,然後手中拿著一個裝麥秸的袋子。以前,黃昏的時候我會在屋後靜靜地看梅花,她卻在屋前的小徑上來去匆匆,不留痕跡。如今,我仍舊看著梅花,只不過,此時的梅花更加柔美多嬌,更加脫俗,而屋後的梅花卻早已零落成泥輾作塵,只是香如故罷了。

漸漸的長大了些,花月情根。只可歎“暗香浮動月黃昏”,幾番尋覓,卻不見梅花依舊,小徑芳影。 -

現在,更是無所事事了,便更多的回憶著過去。我是這樣,很多人也是這樣。當在一段日子裏,沒有重新的開始和忙碌的工作的時候,人們只有依靠過去的回憶來充實現在的生活。在回憶的日子裏沒有方向,甚至沒有思想。我突然害怕起來,因為我知道這匆匆的時光正匆匆的從我的身邊逝去。而這逝去的時光裏卻沒有新的記憶值得留下。

不知是怎樣的原因我去了姑姑家,談話期間姑姑無意中說了那個像梅花的女孩要嫁人了。那一刻,我徹底地感覺到梅花真得要落盡了。直到我心靈中的最後一個。 -

那幾天,我惆悵了許多。我當時想,那個清麗脫俗,不食人間煙火的梅花散落之後會變成什麼呢?也許會成為一無所有吧。因為記憶中的梅花此時已經全部消逝,連留下的幾縷幽香也隨風冥滅,了無痕跡。

2015/10/15(木) 01:43 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
てていた綾乃は、腹を抱えてゲラゲラと大声で笑い出した。
「いきなりそれじゃウザいわ、確かに」
 当然ながら電話に出たのは遥ではない。あらかじめ遥の携帯電話を預かっていた篤史が、富田からの電話を受け、数パターンの録音した音声から適切なものを選んで流したのだ。普段詩琳 好唔好からぶっきらぼうな遥だからこそ成り立つ計画だったのかもしれない。
「風邪ひいたって言ってたし、寝てたのかもしれないよ」
 真子が冷静に推論を述べる。風邪ぎみで微熱が出ているというのが、遥が来なかった表向きの理由なのだ。普段より輪を掛けて無愛想なのも、それが原因と考えるのが普通だろう。しかし、富田の不満は収まらない。
「だからって、このまえあれだけ付き合えとか迫ってきたくせに、今日はうざいから拒否るなんてありえねーだろ! そりゃまだ返事はしてなかったけど……俺は……」
「付き合え? 迫る?」
 澪がきょとんとして聞き返すと、彼は詩琳美容ギクリと顔を引きつらせた。
「あ、いや、それはその……」
 急にたじたじになり、言い訳もできないまま目を泳がせる。頬もほんのりと薄紅色に染まっていた。
 綾乃は両手を腰に当てると、思いきり胡散臭そうに下から覗き込む。
「あんたたち、いつのまにそういう関係になってたわけ?」
「誤解だ! 遥が一方的に迫ってきただけで、俺は別に……」
 富田は両手をふるふると振り、大慌てで弁明する。
「もしかして、最近、様子がおかしかったのってそのせい?」
「……俺、おかしかったか?」
「うん。ぼーっとしながら遥くんを見てることが多かったよ」
 真子が指摘すると、彼の顔は詩琳好唔好まるで茹で蛸のように真っ赤になった。富田は単純だからね——先日の遥の言葉と合わせて考えてみると、富田うのは、怪盗ファントムから気を逸らせる策だったのだろう。だが、それは富田の気持ちを弄ぶ行為であり、澪としてはさすがに少し申し訳なく思う。
「あのね……多分、遥はからかっただけだと思
2015/07/13(月) 01:49 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
信するだけの根拠がある。だが、どちらも口にできない以上、笹原の説に反論することはできない。やり場のないモヤモヤした気持ちを抱えたまま、ただ言葉少なに話を合わせて頷くだけだった。

「南野!!」
 遠くから切羽詰まった声で呼ばれ、誠一は弾かれるように立ち上がった。声の主は詩琳黑店捜査一課長である。思わず後ずさりたくなるような凄まじい形相で、勢いよくこちらに向かって歩を進めている。誠一は思わずビクリとして顔をこわばらせながらも、慌ててペコリと頭を下げた。
「すみません、急にお休みをいただいて……」
「おまえ、いったい何をやらかしたんだ?!」
「えっ?」
 困惑する誠一に、課長は大きく息をついてからあらためて切り出した。
「たった今、おまえに辞令が出た」
「辞令? 聞いてないですけど……」
「私もさっき知らされたところだ」
 彼は苛立ち露詩琳黑店わにそう言うと、手にしていた辞令書らしき紙を突きつける。
 誠一は怪訝に思いながらも丁寧に一礼し、両手で取った。確かに宛名には「南野誠一」と入っており、自分への辞令で間違いないようだ。しかし——。
「……なんですか……これ……」
 それは、常識的に考えれば到底ありえない内容だった。硬直した身体からじわりと嫌な汗が滲み、紙を持つ手は微かに震え始める。意識的にゆっくりと深呼吸をしてから、あらためて読み返してみたが、やはり見間違いというわけではなかった。
 本日付で警詩琳黑店察庁への出向を命じる——。
 その短い文面に大きな力の存在を感じ、誠一はごくり
2015/07/06(月) 22:51 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
眺めていた。昔からこういう子供じみた騒々しさが苦手だった。この学校なら落ち着いているだろうと期待していただけに、失望を禁じ得ない。
 そうこうしているうちに担任が教室に入ってきた。おしゃべりしていた康泰旅行社生徒たちはバタバタと自席へ戻っていく。大地も立ち上がり、悠人を覗きこみながら「またな」と声をかけると、悠然とした足取りで明るい窓際へと戻っていった。

「悠人、おはよう」
 翌朝、大地は本当に席を替わってもらったらしく、窓際ではなく悠人の前の席に座っていた。笑顔で挨拶され、悠人はついと眉間にしわを寄せて自席につく。
「どうしてその席にこだわるんだ?」
「悠人と仲良くなりたいからだよ」
 しれっとそう答えるが、悠人をからかっているだけで別康泰旅行社に理由があるのだろう。こんな言葉を真に受けるほない。しかし、きのうの話からすると担任の許可はもらっているはずで、そうだとすれば自分がとやかく言うことでもない。ただ、こんなわがままが通ったことをすこし不思議に思う。
「どうやって先生を説得した?」
「そのまま言っただけだよ」
 その答えがよくわからず怪訝に眉を寄せると、大地はくすっと笑った。
「楠くんと友達になりたいから席を替わりたいって。まあ、ほかの人なら認められなかったかもしれないけどね。僕はこう見えて橘財閥の跡取り息子だからさ。先生たちが勝手に気を遣ってて。ときどきこうやって利用させてもらってる」
 あっけらかん康泰旅行社と語られたその内容に、悠人は目を瞠る。
 まさか有名な大財閥の跡取り息子だとは——同級生とも普通にじゃれあっていたし、人なつこいし、そんなふうにはとても見えなかった。
2015/06/02(火) 03:46 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.